桜門社長会とは

  • TOP
  • 桜門社長会とは

桜門社長会とは、日本大学校友会に属して活動している団体です。
日本大学は、様々な業界分野において、全国で一番多く経営者(社長)を輩出しており、このことは輝かしい特徴のひとつであります。

校友会はこの特徴に着目。経営者が交流を通じて啓発し合い、次代を担う若者に知識と経験を伝えることができる、
在学生のキャリア支援および母校の発展に寄与することを目的とした団体の結成を呼びかけました。
そして、様々な業界の経営者よりご賛同をいただき、当会が立ち上がることとなりました。

2012年6月吉日
平成23年に日大桜門社長会が立ち上がり、本年5月30日の総会にて桜門社長会・会長を拝命いたしました
三村俊隆(昭和38年卒)です。

多くの緒先輩の中で、この名誉ある職をお引き受けしたのは、母校への博愛精神と、日本の将来を担う学生諸君の育成に、お役に立てればという思いからです。

7年後には、明治22年の創立から130周年を迎えようとする、歴史と伝統を誇る我国最大の日本大学校友会ですが、その会員は100万人を超え、日本全国・世界各国、様々な分野で活躍されています。

桜門社長会は、ひとつの起爆剤です。経営のノウハウを知り尽くした校友の経験・知識・知恵そして人脈を駆使し、素早く呼応する。独創と創造性豊かに、社長会の真骨頂とも言え、「日大ファミリーの核」となる、そんな組織をめざして、校友会と連携し、母校との交流を深めてまいりたいと思います。

まず、第一歩として関東地区で産声をあげ、今後全国へと発展させていきますので、皆様のご指導ご協力を心からお願い申し上げます。

日本大学桜門社長会
会長 三村俊隆

  • 桜門社長会の歴史
  • 活動報告
  • 会員一覧
  • 日大社長データベース
  • 桜門社長会概要
  • 入会について